NINOMIYA
二の宮尊徳像 NO.1

1234567

 思いがけない場所で二の宮尊徳の像に出会いました。 場所は豊科駅前〔長野県安曇野市〕です。 どうして駅前に?このあたりの事情はおいおい関係者にお尋ねしようと思いますが、 ともあれ久しぶりに姿を見たので記録しておきます。
 二の宮尊徳〔金次郎〕の石像は、かつて多くの小学校で校庭や玄関前などに立っていました。 史実からいいますと、二の宮尊徳は貧しかった幼年期に薪を拾って売り、 それで学問に励んだということはあります。 また、菜種を栽培してこれを油と交換して夜間も勉学に勤しんだということの記録されています。 しかし、薪を背負って書物を読むという、 この姿は史実にはありません。 後の修身教育の教材として創作されたものというのが定説です。
 私の母校〔小学校〕にも、正門を入った正面の築山のなかに立っていた記憶があります。 校舎なのがすっかり建て直され、その後どうなったのかわかりません。  機会をみて確かめてこようと思います。 こうしたものはそう簡単に処分はしないと思います。 その他の学校等でもどうなのか、おいおい調べてないようを補充する予定です。   

 

 

 

 

Coypright© 2008 io.iiapp.com/ All Rights Reserved